ガラパゴスフルイ機と現場循環型工法|クレーンやコンベアについて

産業用クレーンの適正点検

クレーン

産業用クレーンにはホイストクレーンや天井クレーン橋形クレーンといったものがあり、中でも橋形クレーンは大型のものとなります。そういった大型機械というのは、故障が発生した際に発生するリスクも大きいものとなるでしょう。それらのリスクを回避するためには、日々の点検が重要となります。しかし、工事事業者が行う自主点検というのは、工事事業者が取り決めた内容と基準により行われます。つまりは、工事事業者が行っている自主点検が適正基準で行われているかどうか分からないということなのです。自主点検の基準が曖昧な理由として、工事事業者がクレーンについてあまり詳しくないといった点が挙げられるでしょう。そのため、自主点検でも必要最低限の点検しか行われないのです。それでは、大きな欠陥を見逃してしまう可能性があるでしょう。それは、工事事業者にとっても大きなリスクです。そういったリスクを回避するために、クレーン修理業者に依頼して定期的な点検を行ってもらう必要があるでしょう。
クレーン修理業者は、大型の橋型クレーンであっても隅々まで点検を行ってくれます。また、その基準は非常に厳正なものとなっており、徹底されています。問題を発見した際にもその問題に関しての原因を究明してくれるのです。また、全体の点検だけでなく各部品の交換のみも行っているので、どこかに不具合が起きている箇所があれば、すぐに連絡しましょう。また、不安点等の相談のみであっても受け付けています。