ガラパゴスフルイ機と現場循環型工法|クレーンやコンベアについて

故障する前の適切な処置

作業員

自動ドアやエレベーター、ボイラー等というのは、機械制御により自動化されています。その自動化を可能とする制御装置というのは、PLCと呼ばれるものです。PCLはシーケンサのことであり、旧機械制御で用いられていたリレー回路の代替装置として開発されました。機械制御による自動化というのは、先程挙げた例の他にも工場等に導入される機械やテーマパークの各種アトラクション等、様々な場面で活用されます。つまりは、それら全ての場面においてPLCは利用されているのです。しかし、そのPLCが故障してしまった場合、様々なトラブルが発生してしまうのは容易に想像できることでしょう。PLCはあくまでも機械部品ですので、いつかは故障してしまいます。そのため、修理・改修・メンテナンスが重要となってくるのです。
PCLが故障してしまった際に発生するトラブルというのは、機械の動作停止等が挙げられます。機械の動作停止というのは、工場で発生した場合に大きな損失を発生させます。なぜなら、PLCの故障による機械の動作停止というのは生産ライン全体の停止させてしまうリスクがあるからなのです。そういった場合、損失を最小限に抑えるためにはPLCが故障する前にバックアップやパラメーターの保存等の適切な処置を行う必要があるでしょう。そうすることで、修理時に自動制御プログラムを再構築し易くなるのです。もし、修理時にそれらのバックアップやパラメーターの保存がされていなければ、修理に要する時間は長いものとなるでしょう。修理に要する時間が長くなるということは、それだけ損失が大きくなるということなのです。