ガラパゴスフルイ機と現場循環型工法|クレーンやコンベアについて

故障する前の適切な処置

作業員

PLCというのは、機械を自動化するために必要な制御装置です。制御装置であるPLCが故障してしまうと、機械の動作が停止してしまう可能性があります。その時、PLCの修理を迅速に行うためには故障前に行うべき適切な処置が必要となるのです。

もっと読む

産業用クレーンの適正点検

クレーン

産業用クレーンには様々なタイプがありますが、その中でも橋形クレーンは非常に大型のものとなります。そのため、自主点検で全体をチェックするのは困難なものとなるのです。クレーン修理業者に依頼することで、隅々まで点検してもらうことが可能です。

もっと読む

ベントコンベアーについて

工場

ベルトコンベアーというのは、モーターの回転運動をローターに連動させることでローターに張られたコンベアベルトを駆動させる自動運搬機械です。コンベアベルトが劣化してしまった際には、ベルトコンベアー修理業者に連絡しましょう。

もっと読む

粉砕機による残土再利用化

ウーマン

様々な工事現場において発生する残土(建設発生土)というのは、大きさのバラつきや強度を理由に再利用することが難しいものとされています。再利用の難しいとされる残土は、残土処理を行わなければなりません。しかし、残土処理には幾つかの問題があります。その問題というのは、残土処理の方法に関係します。残土処理の方法というのは、主に埋立処分です。しかし、埋立処分を行うための埋立場は常に飽和状態となり、その処理を行うのは困難となりました。そういった状況になったとして、残土の発生率は年々増加している傾向がみられます。そういった理由もあり、残土処理問題は工事事業者にとって頭の痛い悩みの種なのです。近年では、そういた問題を解決できる特殊機械として、ガラパゴスフルイ機が登場しました。ガラパゴスフルイ機というのは、粉砕機とも呼ばれる特殊機械で、コンクリートガラや転石といった残土を再利用化可能にする画期的な特殊機械です。
ガラパゴスフルイ機のガラパゴスというのは、そういった特殊機械のシリーズ名称になります。ガラパゴスシリーズはある一つの概念に基づいて開発され、その概念は現場循環型工法とも呼ばれています。現場循環型工法というのは、全ての工事現場で発生する全ての資源を、捨てずに再利用するといった概念でもあり取り組みでもあります。その概念に基づいて開発されたガラパゴスフルイ機を現場に導入すれば、コンクリートガラや転石に粉砕処理を加え、それらの残土を路盤材として再利用することが可能となるのです。